人気ブログランキング | 話題のタグを見る

肩関節唇手術後の記録④ 術後1ヶ月

今日は手術をして頂いた先生の診察を受け病院へ。
今日で術後丸一ヶ月になる。
肘は完全に伸ばせるようになったけど、反り気味に伸ばすと親指が痺れてくる。
腕の挙上は45°まで上がるようになった。脇を締めての腕の外旋は少しできるようになったけどまだ全然と言った感じ。
個人的な術後の経過に関する意識は順調。早くクライミングをしたいが、ケガと向き合ってしっかり治していこうと思う。焦らずに。
今日は先生の解説つきで手術の写真も見せてもらえた。二頭筋に引っぱられ、軟骨剥離を起こしたらしい。(ぼくの解釈だとこんな感じ)
最後に写真
1枚目・・正常  
2枚目・・損傷
左の壁が剥がれたらしい。剥れた軟骨を手術で4cm程除去してもらったという事。
肩関節唇手術後の記録④ 術後1ヶ月_c0206900_18460712.jpg
肩関節唇手術後の記録④ 術後1ヶ月_c0206900_18460997.jpg

# by timmy-climber | 2020-08-12 19:13 | 肩関節唇損傷

13年間使用したプロトレックPRW1300J ご臨終

珍しくブログ更新が続きそうなんでブログをアップしていこうと思います。

13年間使用していた時計の話。
2007年に買ったプロトレックPRW1300J。大学卒業祝いと今後の登山の為に自分で自分の為に買った思い出の詰まった腕時計がこの度ご臨終に。それまで時計に大金(自分の中での)をかけてこなかったので買った時はドキドキしました。
一度行方不明になったり、2015年にソーラーチャージができなくなり修理に出したり。そして先月に2度目の修理に出したのですが中のモジュールが廃盤?という事で、代わりの部品がなく修理不可という事でした。修理代が結構かかっても直してもらおうと思ってただけに残念ですが、良いものに出会えたなーという感じです。このモデルから薄型になったので付け心地良く、見た目もカッコよくかなり気に入ってました。
山で凍りついたり、沢で水没したり、岩に擦れたりとタフな場面でもしっかり活躍し、山での苦楽を共にしてくれた思い出の時計となりました。

13年間使用したプロトレックPRW1300J ご臨終_c0206900_21174849.jpeg

バンドも何回か直しました。
最近の時計はGPSが付いたり水深100mまで大丈夫だったりと超高機能付きが多いけど使いこなせるのか。でも買うなら良いもの買いたいと言う物欲もあります。そして新しい物を使えると言うのもたのしみです


# by timmy-climber | 2020-08-06 19:39 | ある一日

肩関節唇手術後の記録③ 術後16日目

今日は8月1日。今年の梅雨は長いが昨日から家の周りで蝉が鳴き始め、夏が来たかなーと気分は上がっておる。そして昨日は術後16日目、3回目のリハビリをした。
肩の痛みは朝のみ。日中は調子が良い。
朝は痛みで起きる事もあるけど、日中は調子が良くて2ヶ月くらいしたら登れるじゃないかとポジティブになってしまう。そんな勢い良く回復したら良いなー。

肘は完全に伸ばせないけど135°くらい伸ばせる様になった。伸ばすと二頭筋が痺れる感覚と、親指がピリピリする。
リハビリも入念にやっていただいた。セルフリハビリは大胸筋の肩側の解し、肘の曲げ伸ばし、グーパー、手首の旋回などをやってねとの事。
気になってた脇のリンパの腫れはまだ残ってるけど痛みなし。

お医者さんが言うには3週間で肩の留めたとこがくっ付き始め、6週間でしっかり付くらしい。もう少しの辛抱である。その後はリハビリ。

写真 術後16にち
肩関節唇手術後の記録③ 術後16日目_c0206900_10154846.jpeg

肩関節唇手術後の記録③ 術後16日目_c0206900_10161337.jpeg


# by timmy-climber | 2020-08-01 09:13 | 肩関節唇損傷