<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マウンテンバイク

先週久しぶりに山にMTBを乗りに行きましたー。

マウンテンバイクには2年ほど前から乗っております。


そこで僕が感じるマウンテンバイクの魅力について・・・


まずスピード。

登山と違い、このスピード感は快感を感じます。クライミングとは違う快感です。
そして山を下るわけなので、スピードは出せば出すほど出ます!!
しかも車と違って、体でモロにそのスピードを感じます!
出しすぎて吹っ飛ぶこともしばしば。
アドレナリンも出ます。かなり。

次に

コーナーを曲がるときのスピード。

バンクやコーナーを曲がるときのスピード感もいいです。ビビると転んだり、スピードが乗らなかったりしますが、スピードを殺さずに曲がったときの快感もたまりません。

とまぁ、魅力は体で生に感じるスピードですね。

そしてクライミング同じでバランスもかなり大切です。

2年乗ってても全然乗りこなせません。



あと、山の中で自然を感じれるというのもあります。

小川があったり、景色が良かったり、草木の生気を感じたり。

低山でも山にいるのは最高です。

c0206900_14111461.jpg


週1でMTBに乗れたらいいな。


まとまりの無い文章になってしまいました。
[PR]
by timmy-climber | 2011-04-28 00:07 | ある一日

モンブラン・デュ・タキュール 2

mont blanc de tacul 「supercloulouir」
c0206900_20385764.jpg

c0206900_20395981.jpg

に行ってきました。

今回はトップまで抜けてピークに立つ!という目標で。


5:00にテント出発。

明るくなる頃に取り付き始めた。

最初の2ピッチが核心だ。ミックスのセクションである。

1ピッチ目は僕がリード。つるべで登っていく。

犬歯さんと拳を合わせて登攀開始!

いくぜ~。と思いきや、お、なかなかムズしぞ・・・。5mほど登り上を見ると結構難しそうだぞ。てか、これは落ちるかも。
いきなりルーファイをミス。右の死角の裏側を覗き込むと、こっちのほうが登りやすそうだ。

そして右へトラバースしてったら楽に登れた。

ロープいっぱい伸ばして1ピッチ目を切った。

フォローの犬歯さん
c0206900_20461651.jpg


頭上には登り応えのありそうなかぶった岩がある。
c0206900_20473346.jpg

このおいしいとこは犬歯さんがリード。いいなー。でも1ピッチ目も楽しかったもんね。
c0206900_20492316.jpg
c0206900_20502531.jpg
c0206900_20505344.jpg

順調に抜けた。

そしてここからはずっとアイス。
c0206900_20525714.jpg

簡単なアイスを6ピッチ登ると緩傾斜のミック帯が続く。

ひたすら登っているうちに暗くなってしまった。
c0206900_20575838.jpg

暗く良くわからない中さらに直上しすぎて岩稜帯にでる。そろそろビバークしようといい場所を探し、座れる場所を見つけた。今夜はここでビバーク。
c0206900_20583796.jpg

久しぶりのビバークに2人ともやる気満々!太陽出るまでの約10時間。楽しいビバークにするぜ。かかってこい寒いの!
でも、やっぱり寒い。超、寒かった。足が寒いよ。


そしてようやく太陽が出て明るくなった。
太陽があたたかい。でも体が冷え切ってる。

そして下を見たらこんなとこ。
c0206900_2134884.jpg

ジェットコースターより迫力あるよ。朝のここからのトイレは最高でした。


そして再び登攀開始。

しかしスピードが上がらない。日ごろの体力不足が著しく出ている。今後の大きな課題です。

上部に見えるピークに行けば終わりだ。ガンバ、ガンバ。最後の簡単な壁を越えてやっとピーク!

と思ったらまだまだあるよ。そんな気もしたけどね。

でも後2ピッチ登ればピークだ。でもまた違ったりして。と思いながら登っていく。
c0206900_21102836.jpg


そして上部の岩を越えてやっとピーク!

と思ったらまだあるよ。
c0206900_21111937.jpg

そしてかなりムズそうだ。いけるのか?どういくんだ?登りすぎたか?ルーファイが違ったか。

2人で相談の結果、時間的に下降することになった。


テントに着いた頃には真っ暗に。

その夜はご飯食べながら、気づいたら茶碗をこぼし寝てました。
[PR]
by timmy-climber | 2011-04-23 21:56 | ヨーロッパ

モンブラン・デュ・タキュール

時間が経ってしまいましたが、ヨーロッパの山の写真を。

mont blanc du taculのルートに行って来ました。


因みにモンブラン・デュ・タキュルとはモンブランの山群の1つのピークです。
標高4248m。
最初はその付近にベースキャンプを張って一週間山にいました。

2本だけ登ることができたのでその写真を。

最初に登ったのが「D-Day」?というルートです。たぶん「D-Day」。

ここの壁に左に見えるS字状のルンゼです。
c0206900_111075.jpg

c0206900_11142914.jpg

しばらくコンテで登って行けました。ロープ出したのは最後の3ピッチ分だけ。


コンテで登る。
c0206900_1115239.jpg

しばらく登っていると、下からガイドパーティー2組がやってきました。
彼らはスキーブーツで登っているのにも関らず、速かった。そして3パーティーが交じってこんな混雑。
c0206900_11184345.jpg

ロープが絡まないか心配でした。

約300mでルートは終了。というか、まだまだピークは遠いがある程度登ったら皆下降していきます。

自分らもとりあえず足慣らしと言うことで下降しました。ピークまではまだ6~7時間以上かかりそうでした。

下降は同ルート下降です。ルートは快適にスラスラ登っていけるので気持ち良いです。



向こうの人は麓からロープウェイで登ってきてスキーでササーッとアプローチしてきて、ぱっぱと登って、またスキーでヒューっと滑って下山していきます。

これがヨーロッパスタイル。

僕らはスノーシューでせっせとアプローチしてまたスノーシューで頑張ってテントまで帰る。

カルチャーショック。

まだワカンをはいてなかっただけマシかな。スキー買おうかな。

アプローチ中に僕らの横をスキーで軽快に滑っていく人達を見ていると、なんかみじめでした。



次回はモンブラン・デュ・タキュルの「スーパークーロアール」を。
[PR]
by timmy-climber | 2011-04-19 11:38 | ヨーロッパ

chamonix life

明後日帰国します。

結局1ヶ月シャモニーにいました。前半の2週間は山を登り、後半の2週間はフリークライミングをしていました。たいした結果も出ず、のんびりライフを過ごしてきた感じです。

山の記録は帰国してから書きます。



シャモニーには街の中心近くに大きなスポーツセンターがあります。そこはウエイトトレーニングのジムや、プール、武術場、バスケット、ハンドボールコート等があり、その一つにクライミングジムがあります。

ホールド数は800個位みたいで、小さなクライミングジムです。

こんな感じ。
c0206900_7114966.jpg

グレードは最難課題で2〜3級くらい。テープ課題はすぐに終わります。

晴れた日は外の岩へ、天気が悪い日はジムに行ってました。

そして今日は最終日ということで街をフラフラしてきました。

見つけた変な犬。
c0206900_7361791.jpg

c0206900_7371176.jpg



シャモニーは山梨県の富士吉田市と姉妹都市らしく、交流があるみたいです。そして日本の震災の義援金をシャモニーでも集めていました。今日はたまたま街の教会でチャリティーコンサートが開かれていました。
c0206900_724187.jpg

バイオリンのコンサートでした。曲の中には日本の「さくら」等の演奏もあり、日本の風景を思い浮かばせる曲がありました。

こんな離れた国でも日本を思ってくれている人達がたくさんいてとても嬉しかったです。
宿への帰り際にも、酔ったフランス人に絡まれたが、日本の家族や友人は大丈夫かと心配してくれました。まだ震災後に日本に居てないけど、日本に帰ったら被害を実感するのだろうか。フランスにいて入ってくる日本の状況はひどい事ばかりで、とても心配でした。

日本に帰ったら何ができるか分からないけど、目の前の自分のやるべき事をやるのが日本のためになるのだと思います。
帰国は楽しみでありながら不安でもあります。自分のやるべき事をしっかりやっていきたいと思います。
[PR]
by timmy-climber | 2011-04-03 07:42 | ヨーロッパ