カテゴリ:山歩き( 8 )

那珂川水系 井戸沢

またもや、沢登りにいってきました。

井戸沢です。

前回行った小太郎沢に比べたら、お散歩なみの心地よさでした。

c0206900_11430912.jpg

















最初の堤防


草を分けて左から上がるとトラロープで向こう側に下りれます。

堤防を超えると気持ちも高ぶってきます。沢に来た!って感じです。


c0206900_11434313.jpg

















気持ちのいい小滝を超えていきます。



c0206900_11444009.jpg

















最初の大滝。直登は避け、右のリッジを登っていきます。上に残置がありました。


これを超えると後は快適な沢登りです。

写真で涼しくなって下さい。

c0206900_11543287.jpgc0206900_11542914.jpgc0206900_11535956.jpgc0206900_11534231.jpgc0206900_11533951.jpgc0206900_11453272.jpg




































































































二股。小さい二股です。
ここまで堤防から1時間。楽しくて夢中になってたらあっという間でした。
ここから湧水に戯れながら登っていくと、尾根に出ます。
尾根はたくさんのトンボが飛んでいました。何百匹というトンボが。
もしこのトンボたちがブヨだったら最悪だな・・・とか思ってしまいました。

トンボに囲まれて少し登ると流石山に登頂です。
c0206900_11584867.jpg

















ここから大峠へ下り、下山。下山は峠沢を下っていきました。
峠沢は簡単な沢下りで楽しいです。
皆でわいわい滝壺にジャンプしながら下ったら楽しいでしょう。
僕は今回は1人だったので、そんな事を考えながら、黙々と沢下りを楽しみました。

峠沢をしばらく下ると、勝手に登山道に合流します。

井戸沢は難しい滝も無く、空が開けていて気持ちよいです。オススメ!

井戸沢の後、塩原ボルダーがとても近いので、3時間ほどボルダリングして遊んでから帰りました。
ボルダリング中は気づいたらマットの上で寝てました。
成果はもちろんなしですが、後悔岩の右カンテのシットスタートから〜で遊んでいたら面白くなってしまい、ボルダリンングも充実してしまいました。

良い一日でした。

[PR]
by timmy-climber | 2014-07-25 12:12 | 山歩き

南ア 野呂川 小太郎沢


個人的にはとても珍しく、沢登りにいってきました。
メンバーはスポーレジムスタッフのオグリン、沢デビュー戦。
南アルプス野呂川小太郎沢を登ってきました。

沢登りをあまりやっていないからか、結構難しく感じました。
水量も多く(本来の水量が分かりませんが)、巻いた滝もいくつか・・・。
力を付けて、しっかり完登したいものです。


小太郎沢の出合です。広河原山荘から30分弱。
c0206900_23512060.jpg



















まだ雪渓が残ってます。まだ出だし。
c0206900_23524340.jpg




















20mの大滝 左壁を登ります。岩がすごい滑りました。
c0206900_23563419.jpg



















フォロー
c0206900_23564477.jpg



















二股手前もまだ雪渓が残り、埋まってました。
c0206900_23565752.jpg



















気持ちよく登っていきます。
c0206900_00040133.jpg



















水量の多い滝は巻いていきました。そして懸垂下降。
c0206900_00042396.jpg


















三俣手前からの雪渓です。
c0206900_00043229.jpg

















雪渓に埋まってる三俣です。
c0206900_00044821.jpg



















沢が切れて最後の登り。ブヨがいっぱい飛んでいました。
c0206900_00051734.jpg



















ようやく、小太郎山から北岳への尾根に出ました。
c0206900_00121270.jpg


















小太郎沢は残置がほとんどなく、踏み跡は動物の足跡がいっぱいありました。
それだけに充実しました。大きな滝もいくつかあって、楽しめると思います。

時間に余裕が無かったため、すべての滝と向き合えなかったのが心残りです。次は全部の滝を登っていきたいところです。
そして沢登りは登山の総合力が試されるような感じがして、これからは沢の世界にも触れていこうと思いました。。。。と言って次はいつになるのやら( - -)

[PR]
by timmy-climber | 2014-07-20 00:39 | 山歩き

沢登り

丹沢の小川谷へ沢登りに行ってきました。

メンバーはスポーレのスタッフです。

みんな初沢登り。一人は外でのクライミングが初めて。

久しぶりの山なので、とっても楽しみでした☆

天気も下界では猛暑だったのでとても気持ちよく水と戯れました!

最近スポーレでアルバイト始めたSATOSHI。黄色の人。僕の弟と同姓同名。
c0206900_10171417.jpg



スポーレおなじみのアマディ。最近マウンテンバイクで鎖骨折りました。
c0206900_10241494.jpg


水量は多かったです。たぶん。前より多い気がしたので。
c0206900_1028461.jpg



山に行ってかなりリフレッシュできました!!ガソリン給油した感じで快調です☆

来週もどっかいきます。
[PR]
by timmy-climber | 2011-08-14 10:34 | 山歩き

筑波山

ちょっと時間があったので筑波山に登ってきました。

半年振りです。

神社には知り合いの神主さんがいたので挨拶してきました。

久しぶりに晴れたらしいです。

神主さん
c0206900_184994.jpg



登っていて気づいたのは、山ガールがたくさんいました!ガールか分かりませんでしたが、カラフルな服着て、歌いながら登っている人達がいました。アウトドアブームですな。

もしかして僕も山ボーイとして見られているのかな。
でも服装がサッカーパンツにタンクトップで、ゼイゼイ息切らせて登っていたから見えないかな。

つくばに引っ越してから筑波山が超近くなり、またトレーニングに通いだせそうです。

体力つけるぞ。



ついでに虫も見てください。

ノスタルジックさを出しているトンボ。
c0206900_185514.jpg


ちょっとお邪魔しました。交尾中。
c0206900_1861679.jpg


たまに見るけどこいつは何だ?ちょっと透けている。
c0206900_1873083.jpg


登山道。雨上がりでぐちゃぐちゃでした。
c0206900_189454.jpg



筑波山もいいとこです!
[PR]
by timmy-climber | 2011-06-28 18:17 | 山歩き

槍ヶ岳、悪天なり

週末に北鎌尾根から槍ヶ岳を目指しに行ってきました。が、敗退しました。

北鎌へは前々から行ってみたいなーと思っていて、日程も3日間とりました。しかしちょっと不備があって土日の二日で行こう!ってことになりました。
O野氏ごめんなさい。

そして金曜の夜、釜トンから横尾目指していきました。

途中ではカエルさんに遭遇。
c0206900_9562223.jpg

しばらくあるくとまた遭遇。
c0206900_9571832.jpg

目は開いていますが、完全に寝ています。突っついても動きません。

1時頃横尾到着

翌日は北鎌尾根のコルまで目指す。
c0206900_1004325.jpg

大曲からはラッセル。
c0206900_1013226.jpg

久々のこの感じ、疲れ具合、山だなーって感じました。O野氏といいねーってしゃべりながら登る。

水俣乗越で休憩。
ここから沢を下って行く予定だが、怪しい雲が上空に。天気予報だと晴れだが、この雲怪しすぎるぞ・・・・っていう雲が一気に穂高のほうから迫ってきました。

そして相談することしばし、北鎌を諦め東鎌に行きました。はまると帰れないかもしれないし。

でもこれがナイス判断であった。
c0206900_1094778.jpg

天気は下っていく。
c0206900_1084954.jpg

そして槍ヶ岳山荘に到着。
c0206900_10113252.jpg



翌日、朝から天気は悪く回復の見込みが見えない。なので槍ヶ岳のピークも踏まずに下山。

心残りと言うか、なんと言うか。

最後に小屋方々と写真。
c0206900_10132585.jpg

いやー、風強かった!
[PR]
by timmy-climber | 2011-05-13 10:18 | 山歩き

北岳 3193m

あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。



新年明けての初登山は仕事で北岳へ行ってきました。

久しぶりに重荷を背負っての冬山はキツカッタ。体力の低下をとても感じました。

モモが筋肉痛です。でも、新年早々、頑張ろうと思えたので良かったです。

とりあえず写真をアップします。
写真の順序と登山の進行の順序はバラバラです。

まずは縁起の良い富士山&ご来光を
c0206900_9472755.jpg

c0206900_9492575.jpg
c0206900_950486.jpg



富士山をバックに登る。
c0206900_9524676.jpg


目指す北岳。
c0206900_953285.jpg


北岳バットレス。
c0206900_954177.jpg


北岳山荘と間ノ岳。
c0206900_9565383.jpg


間ノ岳をバックに。
c0206900_1002093.jpg


北岳山頂。
c0206900_1011925.jpg




この白銀の世界と、朝の寒さ、手足の感覚が無くなる感じ。あーーー。山だ。
やっぱり山です。

山に入らないと体が鈍りますね。

今年は怪我しないように、でもガッツリと登ろうと思いました。

本年も宜しくお願いします。


                           
[PR]
by timmy-climber | 2011-01-10 10:11 | 山歩き

山の取材

山の取材で上高地~奥又白池へ行ってきました。

今回は一応モデルということで山岳写真家の西田さんの取材に同行させてもらいました。

山の雑誌「山と渓谷」の来年の10月号の表紙になるらしいので見てみてください。多分僕は隅っこでチョロっと写っているだけだと思いますが。



奥又白池までの登山道は熟練者向きと地図には表示されています。ここは入山してくる登山者も少なく、のんびりした雰囲気があります。秋には紅葉し美しく、また、前穂高の壁を登るベースキャンプにもなっています。

今回も池には5人ほどの登山者やクライマー、写真撮りの人がいました。

のんびりライフ。

テント
c0206900_1229219.jpg


富士山が見えた。
c0206900_1230231.jpg


奥又白池
c0206900_12342977.jpg

そして夕飯の時間。

お腹がすいて僕の腹の虫が「クゥー・・・・」と鳴くと、西田さんが一言。

「雷鳥いるねぇ・・・。」


雷鳥のなき声と勘違いしてた。

西田さん、それは僕のお腹が鳴っただけなんです。
c0206900_12431265.jpg

[PR]
by timmy-climber | 2010-10-18 12:44 | 山歩き

穂高

仕事で穂高に行ってきました。

白出沢から上がって穂高岳山荘宿泊。

林道を抜けると、永遠と続く穂高岳山荘への道。小屋はこのコルの上にあり。疲れた。
c0206900_21234769.jpg

だいぶ長く感じました。まるで富士山吉田口の6合目から本8合を眺めるような感じです。
近そうで遠い感じ。


立派な穂高岳山荘。
c0206900_21283351.jpg

穂高山荘は素晴らしいです。連泊させていただきましたが毎日夕食に変化があり、毎日夕食が楽しみでしょうがなかったです。



天気はとても良く晴れ渡っていました。


遠くに槍ヶ岳が見えます。
c0206900_21335070.jpg

久しぶりに夏山?秋山?を歩いて気持ちの良い山行きでした。



ジャンダルム
c0206900_21362777.jpg



ジャンダルムと登山者
c0206900_21365280.jpg

風が強いと飛ばされちゃいそうですね。


いや~やっぱり山はいいね。山小屋にあった「PEAKS」という雑誌によると、今の流行は「山スカ」らしいです。「山スカ」=「山スカート」山でスカートです。ですが今回の山でスカートを履いてる登山者はゼロでした。残念!
ちなみに男は「ゲイターズ」。短パンにゲイターみたいです。勉強になりました。今度トライしてみようかな。



来週は水上でファーストエイドの講習会を受けてきます。5日間の講習会。しっかり勉強しなければ!何年ぶりの勉強だろうか。ちょっと頭が心配です。
[PR]
by timmy-climber | 2009-10-16 21:56 | 山歩き