カテゴリ:フリークライミング( 20 )

スロベニアへプチトリップ

先々月の話ですがスロベニアへ友人を訪ねてクライミングプチトリップに行ってきたので情報を簡単に載せます。

スロベニアと言えば、フリークライマーならマヤ ヴィドマーや今の世代ならヤンヤ。アルパインクライマーではマルコ プレゼリ、今の世代ならルカ リンディックでしょうか。そんな彼らの国、スロベニアでちょっとだけ登ったので、ちょっとだけ紹介します。

今回登ったエリアはMisja peč(ミシャペチュ)とOsp(オスプ)という石灰岩のスポートクライミングエリアで、スロベニアの西の地域で登りました。2つとも隣接するエリアで、車で10分もかからない場所にあります。首都リュブリャナから2時間弱?位です。スロベニア自体が小さな国で3〜4時間くらいで横断できると友人が言っていました。

Ospはビギナーから楽しめるルートが多く(難しいルートも勿論あります)、アプローチも5〜10分で車道からはっきり見えます。

c0206900_21154063.jpeg

c0206900_21185797.jpeg

麓はキャンプサイトありのワイン工房ありのでワイン好きクライマーにはたまらないでしょう。クライミング後にはビールも飲めます。最高ですねー。

Misja pečの方もアプローチもは直近!5〜10分程です。こちらはどちらかというと難しいルートが集結しています。アダムオンドラ初登だったりする高難度ルートがずらりと!!そして嬉しいことに雨でも登れます。ここに来た当日は朝から雨でした。アプローチ中も雨だったのですが、取り付きに着くと雨がこない。上部にルーフがあり、さらに被っているため、雨に当たらないのです。

c0206900_21340658.jpeg

c0206900_21343968.jpeg

c0206900_21352640.jpeg

グレーディングは日本より少し優しめでした。むしろ日本が辛いのか。でもルートの質は最高です。下地もよく景色もいいし、のんびり昼寝もしやすい。石灰岩が好きなクライマーには天国だと思います。

スロベニアには3日登れる時間がありましたが登ったのは2日のみ。初日の夜に友人の友人たちとロックコンサートに行く事になり2日酔いで登れずじまいでした。酒豪達と張り合ったら完全に負けてグロッキーになってしまいました。スロベニア人強し…

友人宅に滞在したので宿情報は分かりません。田舎は街灯が全くないので夜は本当に真っ暗です。昼は美しい景色が広がり、馬やヤギ、羊、ロバが草を食ってます。あと、色んな人に勧められたのは、世界遺産であるシュコツィアンという大洞窟です。皆んなに必ず行け!と勧められました。が、僕にとっては世界遺産の洞窟よりも岩。岩が勝ってしまいました。洞窟は次回。

スロベニアでクライミングツアーをするにはリュブリャナ空港でレンタカーを借り、高速道路のチケットを買うといいでしょう。高速道路は一回ずつに支払いじゃなく、1週間、1ヶ月、1年という単語での購入のようです。長く滞在できるのであれがお得ですね。
こちらに詳しくあります。

クロアチアにも行きましたので後でそちらの情報も簡単に載せたいと思います。

c0206900_21545436.jpeg
イェーガとビールのあくむのダブル飲み。ロックコンサートにて

[PR]
by timmy-climber | 2017-11-03 19:26 | フリークライミング

クラックまた始めました

最近はクラックをまたやり始めました。
クラックは僕の苦手分野で、しっかり登れるようになりたいと毎年思いつつ、結局フェイス系のクライミングに走ってしまっています。

最近行ったところは湯川、ミズガキ、小川山です。この時期はここら辺ですね。

昨日は山岳部後輩とミズガキの小ヤスリで蝙蝠同盟を登り、末端壁でクラックの練習。何年も前に苦労していたT&Tを久しぶりにやったらサクッと(結構頑張った)登れた事が嬉しかった。

近頃はスポーレのお客さんと登る事も増えてきて、スポーレでそういった会話ができて幸せに感じます。大学山岳部OBの後輩ともちょくちょく登る事になって、昔の自分を思い出しました。頑張って強くなって色んな山を目指してほしいです。

奥壁
c0206900_10494514.jpg


小ヤスリの上部は12台で魅力的なルートがあります。ここにルート拓くなんてすごいなーと思いながら眺めてしまいました。ここら辺も全部登ってみたい。
[PR]
by timmy-climber | 2015-07-23 10:57 | フリークライミング

太陽の塔

ミズガキマルチ、太陽の塔にいってきました。いつもの犬歯さんと。

1p目12a 犬歯さん
c0206900_20142213.jpg

















惜しくもワンテン!最近どんどん強くなっていく犬歯さん。僕も置いてかれないよう登ります。


2p目 12a  僕
c0206900_20160310.jpg

















オンサイト!このグレードのオンサイトは嬉しい。時間をかけてしまったけど、登れてよかった。

3p目 12c 犬歯さん
c0206900_20143313.jpg

















これも惜しくもフォール!次は行けますね。細かい系で僕は苦手。ブラブラぶら下がりながらもムーブはできるから次回に期待。

4p目は簡単な5.9を登り、
5p目12a 僕
3年前に一度触っていたので、サクッと登ってやろうと意気込むも、下部でちょろっと落ちてしまった!!もっと慎重に行けば行けたはず〜っと悔しがりつつこれが実力かとへこむ。

太陽の塔、次回は全ピッチさっくりと登って継続登攀の1つのルートに入れていきたい。

[PR]
by timmy-climber | 2014-11-07 20:27 | フリークライミング

錫杖・夜間飛行(仮名称)

犬歯さん、クロヒゲさんの開いたルートにご一緒してきました。
とても充実、そして精神的にも鍛えられるルートでした。
c0206900_22142652.jpg




























3P目 11c/r
一昨年にトライさせてもらい今回はリベンジ。脅威のランナウトも途中でプロテクションがとれる事が判明。でも落ちたら抜けそうなので緊張します。



c0206900_22134491.jpg




























4P目 13- 
フォローでなんとかトップアウトしたけど繋げるのは厳しい・・・。
そのうちトライします。多分。


c0206900_22150318.jpg




























5P目 11b 
今回は時間の都合上&4P目で疲れ過ぎで割愛。これも今度やってみます。


c0206900_22150845.jpg















全容。こんなルートを開けるなんて、なんてかっこいい事してくれるんだ!
詳しくは犬歯さんブログでどーぞ!

[PR]
by timmy-climber | 2014-10-18 22:33 | フリークライミング

花に負けないクライマーに

先週は2連休頂いてミズガキでマルチをしてきました。

今回は継続する為の裏道?の探索も兼ねて1本だけ。
c0206900_11323749.jpg
カンマンボロンでワイルドアットホームを登ってきました。
そして継続の為の裏道?探索で迷ってしまい+いい天気で昼寝しちゃって、この日は1本のみ。明日はがっつりやろう!って思いながら下山するも、2日目は雷雨により撤退。湯川に転戦し、クラックです。
苦手意識のクラックでしたが、調子良くサクサク登れて楽しめました。
クラックは足ですね。足が大事!というかクライミングは足が大事!!!と感じた日でした。クラックが苦手分野だけあって足に集中したらサクサク行けたので。。。
クラックも5.11台とかサクッと登れるようになりたいものです。
湯川では石田塾長や平澤さんにお会いし、雨の中でしたが有意義な一日になりました。
そういえば昨日、 南八ヶ岳でこんな花を見つけてきました。

ツクモグサ
c0206900_11364244.jpg

咲く時期や分布が限られていてとっても希少らしい。
南八ヶ岳横岳で見る事ができましたが、意識して探さないと見つけられませんでした。
昔から花より団子だったんですが、山の中で希少な高山植物を見つけると頑張っているなーと感心してしまいます。寒い冬を、山肌や固い岩肌にへばりついて乗り越え、春を迎えて咲き誇る。そんな彼らの越冬を想像すると、負けられない!って思って思ってしまいます。
耐える時期とそれを表現する時期。トレーニングと本番みたいな感じですね。

小さな花に負けない、しっかり登れるクライマーを目指して頑張りたいと思いました。

[PR]
by timmy-climber | 2014-06-05 12:30 | フリークライミング

ミズガキ・大面岩ニューモンタージュ

大面岩のニューモンタージュに行ってきました。

パートナーはお馴染みの犬歯さんです。


僕は昨年一度登った事があるので2回目ですが、それでもやっぱり面白いです。


僕の個人的な核心は11aのトラバースでした。トラバース苦手です。その次のピッチの11dは2回落ちてしまいましたが、なんとかレッドポイントできました。いやー、難しい。



1ピッチ目の犬歯さん
c0206900_19563433.jpg


隣のフリーウェイを登るパーティー
c0206900_19573081.jpg



いやな草付き5.9のクラック
c0206900_19585860.jpg



11d後のナイフレッジ
c0206900_20291980.jpg



最後の11a
c0206900_20311479.jpg



花崗岩はなかなか慣れません。。。
足がとても痛くなってしまいましたが、すごく楽しかったです!!

また行きましょう。次は2本やりましょう〜
[PR]
by timmy-climber | 2013-08-17 20:34 | フリークライミング

クライマーズナイトinミズガキ

こんにちは、ティミーです。

久しぶりの更新です。

先日、PatagoniaのアンバサダーであるSteave Houseさんが日本へ来日し、ミズガキでセッション&スライドショーが行われ、参加してきました!

昼間はボルダーセッションが行われ、夜はスライドショー。スライドショーではあの横山ジャンボ勝丘さんも!今年始めに登ったpatagoniaの話を聞けました。
b0207641_12123084.jpg

2人の話を聞いてモチベーションアップしました。素晴らしい、カリスマのあるクライマーです。




一日目はボルダーセッションが行われたのですが、僕はZu-thones店長今井氏と十一面末端壁へ・・・。
春うらら2ピッチ目をトライしてきました。
b0207641_12131623.jpg

春うららは末端壁卒業の課題とも言われていますね。

今井氏、渾身のクライミングで完登しました!

僕は下部で苦戦して宿題になっちゃいました。でもいけそうな気が・・・!

とポジティブに受け止めて家路に着きました。


登っているところ撮ってもらえました☆thank you!
c0206900_1254298.jpg

photo by Steaveさん
[PR]
by timmy-climber | 2012-09-16 13:04 | フリークライミング

瑞牆 大面岩

先週は瑞牆の大面岩へ行ってきました~。


マルチ2本登ってきました。いや~、難しかったです。


アウトドアとインドアはやっぱり全然違いますね。
最近ジムの事務仕事が忙しかったりしてちょっと怠けていたせいもあり、とにかく登った、という感じでした。反省が多いです。


そして2本目は疲れてしまい、全然ダメダメでした。

クライミングの技術だけでなく、登る体力をしっかりつけなければ・・・。

久しぶりにクライミングで下半身が筋肉痛になりました。


c0206900_19361367.jpg


c0206900_19374256.jpg


c0206900_19393839.jpg


c0206900_1941682.jpg


フリーウェイとニューモンタージュを登りましたが、両方とも、下部はワイルドな感じで水が流れたり、コケが生していたりして、上部はすっきりして気持ちのいいクライミングになります。

気持ちのいいクライミングになるはずでしたが、僕は全然ダメダメでした。


今回のクライミングでクライミングの体力ももっとつけなければと実感しました。

Girigiri Boysの佐藤さんや横山さん達は朝から晩までマルチを3本登ってトレーニングしていたとか。

次回はマルチ3本を!


効率よく、アウトドアでもしっかり登れるように工夫しなくては。


頑張ります。
[PR]
by timmy-climber | 2012-07-03 19:57 | フリークライミング

子持山と瑞牆カンマンボロン

先月ですが、

子持山の獅子岩のマルチと瑞牆のカンマンボロンへマルチに行ってきました。





子持山へはスポーレのスタッフSatoshiと。

最近イケイケSatoshi君。

初めてのマルチピッチをしてきました。

獅子岩は緩いスラブから80°位の傾斜です。

日当たり良好、岩質良好。快適なクライミングを楽しめました!!と言いたいところですが、

クライミングシューズを忘れてしまい、トレッキングシューズで登ることに・・・。

終始緊張し、ホールドをほじりまくったクライミングでした。
c0206900_14195377.jpg


c0206900_14221318.jpg


c0206900_14233116.jpg


c0206900_14305298.jpg




カンマンボロンは秋の遠征のメンバー揃って初クライミング!

c0206900_14412721.jpg


c0206900_14391616.jpg


c0206900_14472048.jpg


c0206900_14491547.jpg


c0206900_14524163.jpg


c0206900_14593337.jpg

カンマンボロンは上部へいくにつれ脆くなってきました。

上部ではホールドが欠け、フォールしたり。結構危ないです。

そしてラスト1ピッチのところで雹に遭いびしょ濡れ下降。雷が轟き、恐怖の下降になりました。



そして翌日は親分さんと太刀岡へ・・・。

スティングレイ。

核心を突破できず敗退。またきます。
[PR]
by timmy-climber | 2012-06-12 15:07 | フリークライミング

ミズガキ・カンマンボロン

久しぶりの更新です。最近はスポーレクライミングジムのBlogをアップしてばかりでこちらがお粗末になってしまいました。

クライミングジムの店長業務は順調にやっています。たぶん。

最近は若いクライマーもたくさん増え、熱いジムになったりなってない日もあったり・・・・。でもなんだかんだ楽しくやってます。


最近はミズガキでマルチを登ってました。昨日はカンマンボロンに行ってきたのでそれの写真を。

パートナーは石田登山塾の塾長、ジュゴンことMr.Ishidaです。


去年アラスカに行って以来のパーティー?とにかく楽しかったです。

登ったのはカンマンボロンの右端?カンマンボロンをずっと右に巻いていって、巨大なチョックストーンのある場所から登って行きました。
1ピッチ目
c0206900_1325782.jpg

この間をモゾモゾは入っていく・・・。岩がボロボロ剥がれる。下部はジャミング、穴は360度のクライミング。全身使って登る。
c0206900_13113680.jpg

5.9くらい。
しかし注目すべき点は彼の足元。
c0206900_13133386.jpg

小学校の時の、赤白帽子用の白いゴムでクライミングシューズにバックアップ?!慎重な男。
この白ゴム、幼い時に舐め、その味のしょっぱい思い出が蘇る。彼の愛用品である。

しかしこのゴムはバックアップだけでなく、ズボンの裾の落ち防止にもなっていたのだー!目から鱗。




そして2ピッチ目は何本かラインを取れたが一番右の途切れ途切れのクラックを登った。
写真無いので想像で。
レイバックやジャム、たまにフェイスムーヴを繰り出し約20mでピッチを切る。10cdくらい?岩が脆くて緊張しました。

3ピッチ目。
c0206900_1311094.jpg

ルンゼを詰めていくが所々チムニーっぽくなったりヤブ漕ぎをする。5.6くらい?





そして3ピッチで終了。
c0206900_13193811.jpg


そのあと懸垂下降で違う面を探検したり、色々偵察して下山。

今回はクライミングというより探検してきた気分だった。

良い一日でした。

向かい側にある大面岩。
c0206900_13251312.jpg

[PR]
by timmy-climber | 2011-11-11 13:28 | フリークライミング