大同心大滝と北西稜

ちょっと前の山行ですが・・・・。

年始の1月3日に大同心大滝〜北西稜へ行ってきました。

いつもの犬歯さんと今回初めてロープを組む恩さんとです。

寒波が入っていたようで、ものすごく寒かったです。

僕自身はどちらも初めてのルート!という事で、年明け早々いいルートに登れて年初めに良いルートに出会えました。ご一緒させてくれてありがとうございました。
大同心の頭に着いた頃は真っ暗に。朝から晩まで楽しませていただきました!

以下写真は全て犬歯さん撮影です。

大同心大滝

c0206900_20475089.jpg
大同心大滝













c0206900_20480844.jpgc0206900_20482923.jpgc0206900_20485605.jpgc0206900_20491425.jpgc0206900_20492189.jpg
大滝登攀














カメラマンのセンスを感じます。














これもかっこいい














カメラの性能がいいのか・・・






























いやいや、撮影者のセンスがいいのでしょう。












写真勝手に使ってごめんなさい。

大同心大滝は思った以上に小さく感じました。
勝手に大きなものとイメージしていましたが、南沢大滝よりずっと小柄なんですね。
でも朝一リードで腕はパンプアップ!
アイスクライミング特有のあの激痛を久しぶりに味わいました。悶絶です。
大滝を登り終え、沢を詰め、途中で左上して大同心稜に出ます。
大同心北西稜は遠くから見るとちょうど大同心の左のスカイライン上ですかね。ぱっと見るととても長く感じます。

取り付きは北西稜へ少し下ったところ、ピナクルを目指していくような感じです。
1P目を登った後、2P目はぐるりと大同心を回ったところにあります。1P目終了のビレー点から目の前に見える壁はとても厳しそうに見えます。いや、相当手強いでしょう。
壁をぐるりと回るり、緩い傾斜の2P目を登っていきます。
3P目から再び登攀開始。あとは頭に向かって登っていくのみ。所々ボルトがうってあるので安心。全てナチプロで行くのは結構怖いでしょう。ナチプロは取りにくく感じました。

この日は岩に雪がべったりと付いていたおかげで所々緊張するクライミングを楽しめました。
天気も快晴。年明け早々に美しい世界に触れる事が幸先いいなーなんて思いました。

良いルートでした!

[PR]
by timmy-climber | 2015-02-10 20:58 | アルパインクライミング
<< クラックまた始めました 明神2263峰〜明神5峰 >>