ミズガキ・カンマンボロン

久しぶりの更新です。最近はスポーレクライミングジムのBlogをアップしてばかりでこちらがお粗末になってしまいました。

クライミングジムの店長業務は順調にやっています。たぶん。

最近は若いクライマーもたくさん増え、熱いジムになったりなってない日もあったり・・・・。でもなんだかんだ楽しくやってます。


最近はミズガキでマルチを登ってました。昨日はカンマンボロンに行ってきたのでそれの写真を。

パートナーは石田登山塾の塾長、ジュゴンことMr.Ishidaです。


去年アラスカに行って以来のパーティー?とにかく楽しかったです。

登ったのはカンマンボロンの右端?カンマンボロンをずっと右に巻いていって、巨大なチョックストーンのある場所から登って行きました。
1ピッチ目
c0206900_1325782.jpg

この間をモゾモゾは入っていく・・・。岩がボロボロ剥がれる。下部はジャミング、穴は360度のクライミング。全身使って登る。
c0206900_13113680.jpg

5.9くらい。
しかし注目すべき点は彼の足元。
c0206900_13133386.jpg

小学校の時の、赤白帽子用の白いゴムでクライミングシューズにバックアップ?!慎重な男。
この白ゴム、幼い時に舐め、その味のしょっぱい思い出が蘇る。彼の愛用品である。

しかしこのゴムはバックアップだけでなく、ズボンの裾の落ち防止にもなっていたのだー!目から鱗。




そして2ピッチ目は何本かラインを取れたが一番右の途切れ途切れのクラックを登った。
写真無いので想像で。
レイバックやジャム、たまにフェイスムーヴを繰り出し約20mでピッチを切る。10cdくらい?岩が脆くて緊張しました。

3ピッチ目。
c0206900_1311094.jpg

ルンゼを詰めていくが所々チムニーっぽくなったりヤブ漕ぎをする。5.6くらい?





そして3ピッチで終了。
c0206900_13193811.jpg


そのあと懸垂下降で違う面を探検したり、色々偵察して下山。

今回はクライミングというより探検してきた気分だった。

良い一日でした。

向かい側にある大面岩。
c0206900_13251312.jpg

[PR]
by timmy-climber | 2011-11-11 13:28 | フリークライミング
<< MAMMUTと岳人 小川山クライミング >>